ウィズコロナでさらに注目が高まる
人にも環境にも優しい災害用備蓄品

大塚包装工業が企画製造販売する災害用備蓄品シリーズが好調だ。災害時に役立つ、ありそうでなかった機能を盛り込み、自治体の災害対策を中心に、他の用途でも幅広く活用されているという。ウィズコロナの現在は衛生面への配慮も評価され、さらなるニーズの高まりが期待される。

来年度予算案の質疑はじまる
予算特別委員会9日の様子 コロナ対策などで論戦

開催中の都議会第1回定例会は4日、本会議を開き、令和2年度補正予算案や契約案など19件を賛成多数で可決した。9日から予算特別委員会が開会、来年度予算案に関する質疑が本格化している。9日の総括質疑では都議会各会派から計6名が登壇、新型コロナウイルス対策、防災対策、子育て支援などについて小池知事はじめ都側と一問一答形式で質疑を行った。都議選を控えた今期都議会最後の予算質疑だけに、各会派がそれぞれ成果を強調する場面もあった。

NIPPON★世界一<技術・技能> 111
携帯型光源装置の研究、開発、販売、輸出入

 現在、世の中のライトの主流は「LED」と思われているが、防衛や救命救急など命に関わる現場では主に「HID」と呼ばれる光源が導入されている。その製品の多くを企画製造しているのが、レイギアーズ合同会社という日本のベンチャー企業だ。同社は今、「HID」の次なる光源を活用し、世界トップクラスの製品を生み出そうとしている。

仕事に命を賭けて Vol.152
航空自衛隊 幹部学校 航空研究センター長 1等空佐

 文字通り、仕事に自分の命を賭けることもある人たちがいる。一般の人にはなかなか知られることのない彼らの仕事内容や日々の研鑽・努力にスポットを当て、仕事への情熱を探るシリーズ。  今号では、航空自衛隊の「航空研究センター」を紹介する。この組織は「防空の知の集団」として、将来を見据えた航空防衛力の整備や部隊運用のための各種調査研究を行っている。そのセンターをまとめる航空研究センター長に話を聞いた。

【座談会】健康寿命の延伸を目指して
「健康経営」と「働き方改革」がキーワード

 医療費の増大は国の財政を脅かしかねない危機的状況にあると言っても過言ではない。また、人口減少も避けて通れない課題である。次の世代に社会保障を残さないためには、長く元気で働けるよう体のケアをすることが求められる。健康寿命の延伸について、関係各位に話し合っていただいた。 ※健康経営は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

情報をお寄せください

NEWS TOKYOでは、あなたの街のイベントや情報を募集しております。お気軽に編集部宛リリースをお送りください。皆様からの情報をお待ちしております。